FPパパの出産・育児とお金の教室
トップ > パパのコラム > 親の夢と子の進路

パパのコラム

MENU
トップ
出産でもらえるお金
出産育児一時金
出産手当金
医療費控除

失業給付
出産祝い
出産でかかるお金
検診・分娩費用
出産の内祝い
出産準備用品
育児でもらえるお金
児童手当
育児休業給付金
児童扶養手当
乳幼児医療助成
育児でかかるお金
行事費
粉ミルク代
紙オムツ代
幼児教育
子供にまつわるお金
保険の見直し
マネー教育
教育資金
お役立ちリンク
個人サイト
おもちゃ
安心食材・健康食品
ビデオ・デジカメ
ママの再就職
パパのコラム

■ 親の夢と子の進路

保険の保障額の検討や、教育資金の積み立てにおいて、どういう進路を想定するかということが必要となってきます。しかし、これほど想定するのが難しいものはありません。オール公立のつもりで教育資金を考えても、子供が私学への進学を希望するかもしれません。もちろん、逆もありえます。

そうなってくると、想定というより、どうしたいかという親の夢、希望が強く出ることになります。しかし、これは考えものです。親の仕事は、子供の進路のレールを引くことではないと考えています。引かれたレールを走る人生は面白くない上に、自分で道を切り開く力を弱めてしまうことになるからです。むしろ、切り開くチャンスを与え、切り開き方を教えることが親の仕事でしょう。

自分が野球で成功した、あるいは野球で挫折したからと、「子供を野球選手にするんだ!」と思うのは自由ですし、子供の頃から野球で遊んで野球好きにするのもいいでしょう。そして、野球選手を目指せば何の問題もありません。しかし、いやがったなら、それを強いたところで、効果はありません。いやいやすることに大きな飛躍はありえないからです。

これは勉強もあてはまると思います。最低限の勉強は強いる必要があるでしょうが、それ以上は「勉強しなきゃ」と思わせるよう、将来の夢を語り合うのが親の努めでしょう。




« 我が家の幼児教育 | パパのコラムトップ | 独身生活 »