FPパパの出産・育児とお金の教室
トップ > パパのコラム > 子供のコーチング

パパのコラム

MENU
トップ
出産でもらえるお金
出産育児一時金
出産手当金
医療費控除

失業給付
出産祝い
出産でかかるお金
検診・分娩費用
出産の内祝い
出産準備用品
育児でもらえるお金
児童手当
育児休業給付金
児童扶養手当
乳幼児医療助成
育児でかかるお金
行事費
粉ミルク代
紙オムツ代
幼児教育
子供にまつわるお金
保険の見直し
マネー教育
教育資金
お役立ちリンク
個人サイト
おもちゃ
安心食材・健康食品
ビデオ・デジカメ
ママの再就職
パパのコラム

■ 子供のコーチング

私は、子供のしつけにコーチングの手法を用いています。コーチングとは、スポーツの世界からビジネスの世界に広がってきている、個人の能力を最大限に引き出す方法のことです。

例えば、子供が悪いことをしても、怒鳴りつけることはしません。むしろ、優しく諭すような感じで、「○○されたらどう思う?」などと、何が悪いのかを自分の言葉で語らせて、反省させます。甘いように思われるかもしれませんし、即効性には欠けるかも知れません。しかし、成長していくにつれて、正しい判断ができる子供になると信じています。

逆に怒鳴ったらどうでしょうか。子供は驚いて、怖いからと、すぐにしなくなるでしょう。でも、何が悪いのかわからずに怖いからとやめているだけだと、怖い人がいなくなれば同じことを繰り返すでしょう。電車の中で「怖いおじちゃんが怒っているからやめようね」と教えても、何の教育効果もないことと同じです。

もちろん、私も、きつく言うときはあります。子供が暴力を振るったときなどです。しかし、これは怖がらせるためではなく、大変なことだと気づかせるためです。

いらいらするからと、自分のストレス発散に子供に怒鳴っていることはないでしょうか。親のストレスは発散されても、子供にストレスがかかっています。ちゃんと愛情を掛けてやらないと、10年以上先に、非行に走られるかもしれません。親の期待にこたえてくれる子供に育って欲しければ、「親のためにもがんばろう」と自然と子供が思うようにしないといけないでしょう。




« サンタに大興奮 | パパのコラムトップ | 育児ストレスを防ぐには »