FPパパの出産・育児とお金の教室
トップ > パパのコラム > 出産手当金の支給対象が変更に

パパのコラム

MENU
トップ
出産でもらえるお金
出産育児一時金
出産手当金
医療費控除

失業給付
出産祝い
出産でかかるお金
検診・分娩費用
出産の内祝い
出産準備用品
育児でもらえるお金
児童手当
育児休業給付金
児童扶養手当
乳幼児医療助成
育児でかかるお金
行事費
粉ミルク代
紙オムツ代
幼児教育
子供にまつわるお金
保険の見直し
マネー教育
教育資金
お役立ちリンク
個人サイト
おもちゃ
安心食材・健康食品
ビデオ・デジカメ
ママの再就職
パパのコラム

■ 出産手当金の支給対象が変更に

平成19年度の健康保険制度の改正で、出産手当金の支給対象から、任意継続者や資格喪失者が外されました。

健保用語の羅列で少し難しいかもしれませんが、早い話が、出産を機に退職した人には、出産手当金は支給されなくなったということです。

出産手当金の趣旨は、出産に伴って労働できなくなる(労働基準法の定めによる)ことでの収入減少を補うものですから、表現は悪いですが、働くつもりのない退職者まで支給されていたのは過剰ともいえるでしょう。

ただし、逆に、これからは企業側の姿勢がこれまで以上に問われることになると思います。「出産=退職」を迫るのではなく、働く意欲のある女性を有効活用することが求められることになるのは言うまでもありません。

なお、今回、出産手当金と傷病手当金の日額が標準報酬日額(標準報酬日額÷30)の6割から2/3になりました。




« 育児ストレスを防ぐには | パパのコラムトップ | 出産育児一時金の代理受領制度 »