FPパパの出産・育児とお金の教室 ベルメゾンネット
トップ > 出産でもらえるお金 > 出産祝い

出産祝い

■ 概要

出産のお祝いには、現金のほか、赤ちゃんグッズなどのギフトもよく用いられます。一般的に、出産から2週間から3週間後に贈るのがマナーとされていますので、すぐにもらえなくても心配はいりません。

■ もらえる金額

リクルート「出産・育児トレンド調査」によると、37.8万円、三和銀行ホームコンサルタント「出産及び幼児教育に関する調査」よると、第1子で28.0万円、第2子で20.4万円とのことです。ずいぶんと数字が違いますが、リクルートの調査では多額をもらった一部の人が数字を引き上げているようで、普通は30万円くらいのようです。

  最多回答 平均額
全体
10,000円
11.398円
勤務先関係
5,000円
5.607円
兄弟・姉妹
10,000円
16.185円
親類
10,000円
20.370円
友人・知人
5,000円
6.562円
隣近所
10,000円
6.204円
その他  

45,704円

三和銀行ホームコンサルタント「出産及び幼児教育に関する調査」1998年

■ 注意事項その他

出産に限らず、お祝いをいただいた場合には、半額相当の内祝いを贈るのがマナーです。したがって、もらえる金額がそのまま出産・育児費用の足しになるわけではありません。内祝いに送るものとしては、タオル、石鹸などが多く用いられていましたが、最近ではカタログギフトも増えているようです。