FPパパの出産・育児とお金の教室
トップ > 育児でもらえるお金 > 児童扶養手当

児童扶養手当

■ 制度の概要

父母の離婚、死亡などで父のいない児童や両親のいない児童など、父と生計を共にしていない児童(18歳に達した最初の3月末までの児童、障害のある場合は20歳)を養育している方(母親以外も含む)に支給される制度です。父子家庭には支給されません。

■ もらえる金額

扶養している児童数によって変わるほか、母親や生計を共にしている扶養義務者の所得によって全部支給、一部支給に分かれます。また、支給停止される場合もあります。

児童数 全部支給(月額) 一部支給(月額)
 1人 41,720円 41,710円〜 9,850円
 2人 46,720円 46,710円〜14,850円
 3人 49,720円 49,710円〜17,850円
 4人以上 1人につき3,000円加算

■ 手続きガイド

もらい始めるとき
請求者(母親等)と対象児童の戸籍謄本と住民票、所得証明書等を持参して、市町村役場で手続きを行います。

毎年8月
現況届を提出。

■ 注意事項その他

母親が再婚したとき、遺族年金など公的年金を受け取るとき、収入の多い祖父母の扶養に入ったときなどは、支給が停止されます。