FPパパの出産・育児とお金の教室
トップ > 出産でかかるお金 > 検診・分娩費用

検診・分娩費用

■ 概要

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、産婦人科へGO! そこから検診の費用負担が始まります。妊娠に伴う検診費用は基本的に健康保険の適用外ですので、結構な額になります。なお、市町村によっては、母子手帳をもらうときに、検診無料券を発行しているところもあります。妊婦検診の公的負担制度があり、出産までに必要と考えられる妊婦検診のうち14回分を無料としています。

また、正常分娩だとこれも健保適用外。一時に多額の費用を支払う必要があるので、前もって準備が必要です。

■ かかる金額

私の経験や多くの方の意見を聞くと、ざっと見積もって、検診に8〜12万円、分娩に30〜45万円が相場のようです。当然のことですが、健康で安定した妊娠生活だと安く済みます。

統計データでは、1998年の三和銀行ホームコンサルタント「出産及び幼児教育に関する調査」によると、検診・分娩費用を合わせて、第1子には45.5万円、第2子には45.2万円、またリクルート「出産・育児トレンド調査」によると、分娩費用だけで38.7万円とのことです。

我が家の例
第1子(実家近くの私立総合病院、6人部屋)
分娩以外に110,710円、分娩に356,110円

月数 週数 金額 備 考
3ヶ月 11週 12,060  
12週 1,320  
4ヶ月 13週 9,330  
14週 37,450 切迫流産で入院
15週 1,700  
5ヶ月 17週 6,400  
17週 4,200  
20週 4,290  
6ヶ月 24週 2,900 第33週まで自宅近くの総合病院
26週 4,520  
7ヶ月 28週 2,720  
30週 4,620  
8ヶ月 32週 3,200  
9ヶ月 33週 2,100  
34週 5,910  
36週 3,500  
10ヶ月 37週 4,490  
37週 356,110 分娩費用


第2子(自宅近くの個人病院、2人部屋)
分娩以外に109,430円、分娩に325,210円

月数 週数 金額 備 考
2ヶ月 5週 4,820  
6週 2,900  
7週 2,320  
8週 2,070  
3ヶ月 9週 1,870  
11週 1,330  
11週 1,850  
11週 980  
4ヶ月 15週 10,560  
16週 3,140  
5ヶ月 19週 4,500  
6ヶ月 23週 6,040  
7ヶ月 25週 5,340  
27週 3,170  
8ヶ月 29週 5,640  
30週 5,550  
31週 8,230  
32週 2,000  
9ヶ月 33週 670  
34週 2,650  
35週 3,900  
36週 2,830  
10ヶ月 37週 6,400  
38週 5,750  
39週 4,880  
39週 325,210 分娩費用

■ 注意事項その他

検診・分娩費用は健康保険の適用外ですが、出産育児一時金で最低30万円が健康保険から支給されますので、足しになります。また、検診・検診費用は医療費控除の対象になります。